SPECIAL

2019.02.22

転職コラム

長く働きたくなる保育士の職場環境とは?

長く働きたくなる保育士の職場環境

長く働きたくなる保育士の職場環境とは、どのような環境なのでしょうか。引越しや出産の他に、職場環境が合わずに職を離れる保育士さんも少なくありません。今回は、より多くの保育士さんが長く働ける職場と出会うことができるように、長く働き続けたくなる保育士の職場環境について考えます。

長く働きたくなる職場環境の定義は保育士さんによって異なります。理想の職場環境を考えるうえでいちばん大切なことは、自分が「最も大事にしたいポイント」を考えることです。
多くの保育士転職・就職希望者のお話しを聞く中でポイントとしてあがるのが「待遇」「労働条件」「施設の保育方針」「人間関係」の4つです。これらは保育士さんの転職時に多い理由の4つでもあります。みなさんがどのポイントを重要視するか、各項目を見て判断材料にしてください。

待遇は労働に対する対価ですので、多くの保育士さんが改善を求めるところです。同じ保育士キャリア・同じ労働時間でも働く施設によって待遇や給与は変わります。
一例ではありますが、公立保育園の正社員をめざせば賞与や退職手当などの充実した福利厚生を受けることができますし、短い勤務時間での高時給を求めるのであれば私立保育園での夜勤という選択ができます。

ここでいう労働条件は、雇用形態、勤務時間などを指します。
以前に夜勤で働いて身体的疲労を感じた保育士さんは日勤が条件の職場を、プライベートとの両立をはかり、毎日決まった時間に帰りたいという方は残業なし・夕方までの時短勤務などが条件の職場を選ぶといった具合です。労働条件が精神的な負担となっている方には、長く働くうえで非常に重要なポイントです。

施設ごとに保育の方針がありますが、その方針が合わずに転職を考える保育士さんも少なくないようです。「自分の考える保育」のような明確な理論は持っていなくても、子どもたちを大事にする園が好まれる傾向にあります。たとえば「おやつは決して市販のものを出さない」であったり、「床暖房を導入している」など、園にとっては負担となる事であっても、子どもたちのために保育サービスの質の向上をめざしている保育施設は保育士さんに支持されやすいです

保育士に限らず職場での人間関係は、長く働き続けたくなる要素として大事です。保育士のお仕事はチームワークが必要ですし、つねに子どもたちの動向に細心の注意を払う繊細な側面もあるため、一人ひとりが思いやりを持たないと人間関係に亀裂が入りやすくなってしまいます。

自分が職場に求める最も大事なポイントが分かったところで、次はそのポイントを適える職場を探す必要があります。探し方をいくつかご紹介しますが、理想の職場に出会うためにはいずれかではなく、できればすべて実施することをお勧めします。

現在は保育園・幼稚園でもホームページを持っているところが増えました。そちらをチェックすることで各園の方針を理解することができます。「保育方針」や「園長先生の言葉」を確認してみてください。写真が掲載されていれば、園内の様子も想像することができます。

保育士さんのための見学を受け付けている保育園では、見学に行くことで実際の現場を知ることができます。ホームページの写真や園外から見ているだけでは分からないことを自分の目で見ることができます。設備は古すぎないか、子どもたちへの配慮が行き届いた設備・保育か、園内は清潔か、などをチェックしたいですね。また、説明会がある場合は、質疑応答も設けられています。前の職場との実務や対応の違いなど、転職後の疑問を解消することができるかもしれません。

もし希望する保育園で体験実習制度があれば、現場での保育活動を体験できます。とくに初めて保育士として働く方は、どこが自分に合っているかの判断もつきづらいと思いますので、まず体験してみることをお勧めします。

キャリアアドバイザーは保育士さんの転職・就職支援に特化したプロフェッショナルです。人が一生に経験する転職活動の数倍~数十倍の転職に携わっている専門職ですので、転職を検討されるみなさんより年齢が若いアドバイザーであっても、より多くの方々のお仕事に対するお悩みに日々耳を傾けています。「まだ転職・就職するかは決めてない」状態でも問題ありません。現在の職場や就職に何らかの悩みがあるのであれば、経験豊富なアドバイザーに聞いてもらうだけでも気が楽になるものです。

長く働きたくなる保育士の職場環境は、保育士をめざす一人ひとりによって異なります。まずは自分が重視するポイントを知って、職場探しへと進んでみてはいかがでしょうか。

■監修/新谷ますみ
保育園運営本部で勤務。短大の幼児教育学科を卒業し、保育士・幼稚園教諭資格を取得。結婚後も仕事を続け、出産を機に一度退職。子育てがひと段落して、職場復帰。大切にしている言葉は「失敗しても、じっくり待つ」。

保育のお仕事探しを相談