SPECIAL

2021.03.17

転職コラム

「保育士をやめて別の仕事に転職」って、アリ? ナシ?

保育士をやめて別の仕事に転職って、アリ?

確かに保育士さんのお仕事はたいへんです。もしかするとみなさんも一度くらい「もう辞めたい!」なんて思ったことがあるかもしれません。でも実際に転身するとなると、保育士の経験って世間ではどんなふうに評価されるのか。他の仕事でも通用するのか。まったく違う世界でやっていけるのか。イロイロ気になったり、心配だったりしますよね。

保育士から保育士への転職なら、そんなに難しくはありません。どの自治体でも、どの保育園でも、慢性的に保育士が不足していますから。場合によっては面接後、その場で採用になることもあるようです。でも、他職種への転職はかなり厳しいのが現実。それなりの覚悟を持って臨む必要があります。もちろん保育士免許は他の仕事では通用しませんし、学校で学んだ保育原理や児童心理学を「価値の高い知識」として評価してくれる業界もありません。さらに保育士には「社会人として必要なマナーや言葉遣いが身につきにくい仕事」というイメージもついてまわります。会社勤めの経験がある人と比べられると、なかなか勝ち目はありません。例えば「パソコンに強い」とか「語学力がある」とか、保育士経験以外のアピールポイントがないと、希望どおりの仕事に就くのは難しいかもしれません。
保育士が次に就きたい仕事として人気があるのは、やはり事務職。会社でのデスクワークです。しかし正社員で事務を募集する会社は減る一方。パートや派遣に切り替える会社が多く、正規雇用は狭き門となりつつあります。正社員にこだわらなければ、派遣で働くという手もありますが、そこでも「Excelの表計算」くらいのPCスキルは必要。派遣会社によっては「タイピングテスト」で文字入力の速さ・正確さをチェックされるケースもありますよ。
「そんなにPCが得意じゃない」という人には、デスクワークの中でも「コールセンター」や「カスタマーサポート」がオススメです。お客様からの申込みや問合せの電話に対応する仕事なので、基本的に人と話すのが得意なら大丈夫。ただし、話しながら問合せ内容などをPCに入力しますので、やはりタイピングの基本スキルは不可欠です。また入社後は正しい言葉遣いや敬語を身につけることも求められます。
もちろん保育士の経験がまったく評価されないわけではありません。いろんな子どもたちと接し、難しい保護者対応をこなしてきた「コミュニケーション能力」は、人と接する仕事では立派なスキル。だからアパレルなどの販売職、飲食などのサービス職では、元保育士の方が採用される確率も高いようです。でも土日が休めなかったり、夜遅くなったりすることが多い仕事ですから、生活のリズムがかなり変わるかもしれません。
もうひとつ、実際に保育士の転職先として多いのが介護業界。対象が子どもたちか高齢の方かという違いはありますが、どちらも「ホスピタリティ」がないとできない仕事。最低限必要な「初任者研修(旧ヘルパー2級)」の資格も比較的取得しやすく、また保育園と同様に多くの施設が慢性的な介護士不足という問題を抱えていますので、採用されやすくなっています。特になり手が少ない若い世代は歓迎されるようですよ。
何かの拍子に「あー、もう保育士をやめよう」とヤケになったり、漠然と「次は違う仕事に就こう」と思いつきで行動したりする前に、保育士をやめたいと考えた理由をいま一度、整理することをオススメします。
◆給与が低い
◆その割に給食費・研修費・材料費などの出費が多い
◆仕事がキツイ
◆腰が痛い
◆体力的にもたない 
◆残業が多い
◆子どもを預かる責任が重い
◆女性ばかりの職場で人間関係が難しい
◆モンスターペアレンツの対応がもう無理
◆キャリアアップしにくい
◆出会いがない 
これ以外の理由もあるかと思いますが、大切なのは「それが保育士以外の仕事なら解決できるのかどうか」を冷静に考えることです。例えば時給制の派遣で働くと、さらに収入が減るかもしれません。コールセンターではモンスターカスタマーから電話がかかってくるかもしれません。ずっと立ち仕事の飲食店は、保育士よりキツイかもしれません。レディーズアパレルの販売では、さらに出会いが今以上に少ないかもしれません。実際に別の仕事に転職したものの「やっぱり安定した保育士のほうがいい」と、戻ってくる人も少なくないのです。
「やめたい」と思ったら、一人で悩んだり、衝動的に行動したりする前に一度、『ほいとも』に相談してみませんか。専任のキャリアカウンセラーが親身になって話を聞くのはもちろんのこと、やめたいと思った問題を解決できる「お給料のいい保育園」「残業が少ない保育園」などに出会えるきっかけになるかもしれませんよ。
■監修/新谷ますみ
保育園運営本部で勤務。短大の幼児教育学科を卒業し、保育士・幼稚園教諭資格を取得。結婚後も仕事を続け、出産を機に一度退職。子育てがひと段落して、職場復帰。大切にしている言葉は「失敗しても、じっくり待つ」。

お仕事探しのご相談はお気軽に!