SPECIAL

2021.10.06

転職コラム

マナー・ルールを守って、WEB面接を突破しましょう!

マナー・ルールを守って、WEB面接を突破しましょう!

新型コロナの影響で就活や面接方法も変わってきました。感染防止対策としてWEB面接を取り入れる保育園が増えてきたのです。「WEB面接自体、やったことないし」、「普通の面接でも緊張するのに」、「どうやって接続したらいいのか知らない」、「スマホでも大丈夫なの」「通話途中で回線が切れたらどうするの」など、不安を口にする人も多いようです。今回はしっかりWeb面接を突破するための準備や注意点を紹介します。

まずスマホがいいのか、パソコンがいいのかという問題ですが、両方持っているならパソコンを使いましょう。大きな画面なら面接者の表情もしっかりと見えますからね。ない場合はスマホでも構いませんが、手に持っての使用は厳禁。画面が揺れないように必ずスタンドなどでテーブルに固定しましょう。また機種やネット環境によっては相手の声が聞こえにくい、こちらの声が届きにくいという場合もあります。一度、友達とZOOMや通話アプリなどで試してみるといいかもしれません。結果、音声に問題があればイヤフォン型のヘッドセットを使うのもアリです。家電量販店で1000円台から買うことができますから。機器の準備が整ったら、次は環境の準備です。ネット環境が安定した場所を選ぶ必要はありますが、基本的には自宅がオススメです。できれば背景が壁やカーテンなどになる場所がベスト。部屋の様子が映り込んで、生活感が見えすぎないようにしましょう。さらに面接時間の日差しにも注意です。日差しが強ければカーテンを閉めるなどの対策を。逆光だと顔が見えなくなることもありますよ。
WEB面接はZOOMなどのオンライン会議ツールで行われることがほとんどです。保育園側がホストになってミーティングを設定し、メールでURLを送ってくれます。そこにアクセスすればいいだけなので、難しい操作や設定はいりません。ただ途中で接続が切れないようにPCやスマホはフル充電しておきましょう。服装や身なりも重要です。WEB面接では顔から胸あたりまでしか映りませんが、逆にいえばそこがアップで映し出されることになります。だから顔まわり・上半身の準備は入念に。顔にかからないように髪をまとめたり、胸元が開きすぎない服を選んだり、清潔感のある身なりを心がけましょう。もちろん胸から下はどうでもいいという話ではありませんよ。面接中に立ち上がる必要ができたり、何かの拍子に腰あたりが映ってしまったりしたときに、下がジャージやスウェット状態だと台無しです。あと、面接中にまわりで余計な音がするのもNGです。スマホやパソコンの通知音は必ずオフの設定に。家族やペットがいる場合は、なるべく別室で。隣の部屋のテレビの音なども入らないように気をつけましょう。雑音は話しにくくなるだけでなく、印象も悪くしてしまいますよ。
当日はバタバタしないように余裕を持ってスタンバイしましょう。開始5分前には指定されたURLにアクセスして待つのが一般的です。面接者とつながったら、まず挨拶。これは通常の面接と同様ですね。ただ画面越しの会話では、どうしても画面に映る相手の顔を見てしまいがちですが、自分が話すときはもう少し上のカメラに視線を合わせて。もちろん口角を上げて明るい表情を心がけながらですよ。途中で画面がフリーズしたり、回線が切れたりしても慌てることはありません。不具合の原因がどっちにあるかに関わらず、電話で連絡を取って状況を説明しましょう。また最近は面接中の「ちょっと立ってみて」「部屋の様子を映してみて」といった要求が問題になっています。これは完全にマナー違反。というかハラスメントです。「いう通りにしないと落とされる」なんて思わずに、毅然とした態度で断りましょう。そんな人事担当者がいる保育園で働く必要はありません。もっといい保育園を、私たち『ほいとも』がいくらでも紹介します。
■監修/新谷ますみ
保育園運営本部で勤務。短大の幼児教育学科を卒業し、保育士・幼稚園教諭資格を取得。結婚後も仕事を続け、出産を機に一度退職。子育てがひと段落して、職場復帰。大切にしている言葉は「失敗しても、じっくり待つ」。

Wワークも転職も気軽に相談を!