SPECIAL

2022.05.11

お役立ち情報

ウィズ・コロナ時代、保育園にも活気が戻りつつあります!

ウィズ・コロナ時代、保育園にも活気が戻りつつあります!

3年ぶりの「行動制限のないゴールデンウィーク」。みなさんもお休み中、リフレッシュしたり、ちょっと羽を伸ばしたりできましたか。もちろんまだまだ油断は禁物ですが、少し日常が帰ってきた感じですね。保育園でも行事や保護者との関わり方などが、徐々に平時に戻りつつあります。感染の再拡大に注意しながら、「ウィズ・コロナ」という考え方で制限を緩和する園も増えてきました。これまでの取り組みや対策は、今後どう変わっていくのでしょう。

もしかすると2020年の春以降に保育士になった人は「コロナ前」の状況を知らないかもしれませんね。2019年までの運動会や発表会は両親だけでなく、おじいちゃん・おばあちゃんも見に来るなど、それはそれは賑やかでした。しかし感染拡大で行事が次々に中止になり、送迎も「保護者1人」「玄関まで」のように制限されるようになってしまいました。そのために先生と保護者、保護者同士の関係も希薄になったといわれています。
でも最近は行事への参加人数制限を緩和したり、園舎内までの送迎をOKにしたりする園も増えてきました。まだマスクを外すわけにはいきませんので、お互いの表情は見えませんが、少しずつコミュニケーションを増やしていきたいですね。大きな声を出せなくても、保護者と接する際は明るい声と表情を心がける。まずはそのあたりから始めましょう。きっと保護者のみなさんも、明るい挨拶や笑顔を返してくれるはずです。
ずっと中止だったプール遊び、園外保育や遠足を再開する園も増えてきました。でも完全にコロナ前に戻すのは難しく、やはり感染防止に最大限の注意を払った上で、子どもたちが楽しめるように、各園が工夫を凝らしています。
3〜5歳の園児はまだマスク着用にしているケースも多いので、これからの季節は熱中症対策が不可欠です。さらにこれまで外出機会が少なかった子どもには、日焼け対策なども重要ですね。まずは園児の健康を守ることが何よりも大事です。そして保育士は自分自身の健康にも気をつけないといけません。
またコロナの影響で多くの園児が園外保育や遠足などを、あまり経験していません。外に出ると思わぬ行動をするケースもあります。きちんと担当を決めて、これまで以上に見守りに力を入れる必要もありますね。
陽性者や濃厚接触者の隔離期間も、どんどん短縮されてきました。ライブやフェス、スポーツ観戦の入場制限も撤廃されました。また感染者がいちばん多かった2月頃は全国で800近い保育園やこども園が休園していましたが、それもいまは200台にまで減っています。もちろんまだまだ気を許すことはできませんが、ワクチンの接種も進み、ウィズ・コロナという考え方も浸透しつつありますね。そんな中で保育園に活気を取り戻すためには、まず保育士自身が明るく元気に取り組むことが大事です。子どもたちが楽しくのびのびと過ごし、保護者が安心して預けられる保育環境を、ぜひみなさんで作っていきましょう。
ただ、コロナ感染対策やウィズ・コロナの活動方針は園によって様々です。転職の際に「そこは気になる」という人は、ぜひ『ほいとも』に相談してください。私たちは求人依頼のあった園を、必ず直接訪問しています。そこで見聞きした各園の取り組みや園長先生の考え方などを、詳しくお話ししますよ。
■監修/新谷ますみ
保育園運営本部で勤務。短大の幼児教育学科を卒業し、保育士・幼稚園教諭資格を取得。結婚後も仕事を続け、出産を機に一度退職。子育てがひと段落して、職場復帰。大切にしている言葉は「失敗しても、じっくり待つ」。

新しい環境をお探しなら!