SPECIAL

2019.02.27

お役立ち情報

保育園・幼稚園の入園式で準備すべきこと

保育園・幼稚園の入園式で準備すべきこと

保育園や幼稚園の入園式は子どもたちの新たな門出を祝う場です。子どもたちや保護者の方に気持ちよく入園式の時間を過ごしていただくために、必要な事前準備をご紹介します。

飾り付けは温かい雰囲気やかわいい雰囲気を大切にします。「にゅうえん おめでとう」の文字や桜の花をイメージした飾りを付けると、いよいよ入園式らしくなってきます。迎える側の園児たちに制作を手伝ってもらうと、工作にもなって一石二鳥です。飾りつけにあると便利なものは、紙リボンや貼り絵に利用する色紙と画用紙、マジック、風船などです。

入園式当日は、順番に新入園児に名札をつけてあげます。事前に入園してくる子どもたちの名前と読み方を確認した上で、平仮名で名札に名前を書いておきます。

保護者や来賓者の方々向けのスリッパを用意しておきます。白やベージュのスリッパだと汚れがついて目立ってしまう場合もあるため、黒や濃紺といった色を選択するのが基本。また、女性用だけではなく男性用サイズのスリッパを用意するのもお忘れなく。

入園のしおりは保育理念、年間行事計画、保育園の一日の流れ、登園・お迎えについてなど、保護者の方向けの保育園説明書のようなものです。とくに保育園・幼稚園にお子さんを預けるのが初めての保護者の方々に喜ばれますよ。

保育士さんは入園式当日に子どもたちと保護者の方に挨拶をすることになります。緊張してしまいますが、最初の印象が決まる大切な瞬間でもあります。入園式の挨拶では何を意識すればよいのでしょうか。

子どもたちへの挨拶では、保育士さんの名前を強調します。まずは新しい環境で不安な子どもたちに「保育士さんたちは味方だよ」ということを感じてもらう必要があります。入園式だけですぐに打ち解けるのは難しいので、まずは顔と名前を覚えてもらいやすいように意識してみてください。

初めてお子さんを預けることになる保護者の方もまた、お子さん同様に不安です。保育士さんがベテランさんか新人さんかは、保護者の方には関係ありません。安心してお子さんを任せていただけるように、明るくハキハキと笑顔で話すことを心がけます。挨拶に「子どもたちと一緒に楽しい思い出をつくっていき、笑顔が絶えないクラスにします」などの意気込みを添えるのも好印象ですね。

入園式では淡い色のスーツがおすすめです。子どもたちや保護者の方が主役ですので、目立つ必要はありません。ただ、全身をダーク系で統一してしまうと、暗い印象になってしまうため、ハンカチーフやブローチ、髪飾りで差し色を入れてみましょう。
自由度の高い保育園・幼稚園では袴やワンピースいう選択肢もあります。袴は年長クラスの担任保育士さんが着ることもあるようです。袴の色についてはあまり気にする必要はありませんが、派手になりすぎないように。ワンピースの場合はダーク系のカラーが好ましいです。
 

ここでご紹介した入園式の準備物は一例です。園ごとに特別な準備物があるかもしれませんので、お勤めの園で初めて入園式を迎えられる保育士さんは園長さんや先輩保育士さんに聞いておきましょう。新しいお友だちをお迎えするのが楽しみですね!

■監修/新谷ますみ
保育園運営本部で勤務。短大の幼児教育学科を卒業し、保育士・幼稚園教諭資格を取得。結婚後も仕事を続け、出産を機に一度退職。子育てがひと段落して、職場復帰。大切にしている言葉は「失敗しても、じっくり待つ」。

保育のお仕事探しを相談