SPECIAL

2019.02.27

転職コラム

先輩直伝!保育士の仕事と子育てを両立する方法

先輩直伝!保育士の仕事と子育てを両立する方法

育児と仕事の両立は簡単なものではありませんが、とりわけ保育士さんにとってはとても難しいものと考えられています。子どもたちをお預かりする保育士の仕事は、つねに最大限の集中を必要とするうえに、肉体的にも負担が大きいもの。事実、出産や子育てをきっかけに保育士のお仕事を離れる方も少なくありません。子育てを行いつつ、保育士も(家事も)続けている、そんな先輩保育士さんに両立の方法を聞きました。

現役で働く保育士さんが、仕事と子育ての両立について考えたときに浮かぶ悩みには下記のようなものがあります。
・自分の子どもが体調を崩したときが心配
・自分の子どもを保育園に入れられるか不安
・子育てのみでなく、家事も行わなければならない
・産後体力が落ち、出産前のように働けるか分からない(女性)
お子さんの体調不良は、保育士としてたくさんの子どもたちと接する皆さんがいちばんよく知るところですよね。

では実際に、子育てしながら保育士を続けていらっしゃる先輩はどのように両立をしているのでしょうか。

フルタイム勤務ではなく時短、週2日など、労働時間と日数を抑えることで子育てに向ける時間を増やすという方が多いです。また勤務先では、大規模保育園だと在籍する保育士さんが多いため、シフトの自由度が高くなります。

ご自分のお子さんは保育施設に預ける、親戚にみてもらうという方がほとんどです。中には同世代のお子さんを持つご近所さんと、お互いの仕事の日にお子さんを預け合っている方もいらっしゃるようです。問題は、保育施設に預けているお子さんが体調を崩したとき。保育士さんは急に仕事を抜けられませんよね。お子さんを保育施設に預けている場合は、パートナーや近くに住む親戚間でお迎え対応用の連絡網を作っておきます。帰りのお迎えや日頃の家事はパートナーと分担する・当番を決めておく、という方が多いです。

朝から子どもが熱を出してしまったが、仕事を休めない…。預けられる人もいない…。そういった場合にはベビーシッターを雇うのも手です。複数人のベビーシッターが在籍する安心感のある会社がおすすめですね。何かあった際に慌てなくて済むよう、事前にサービスを調べておきましょう。

勤務時間、出勤数を減らすとフルタイムに比べて当然収入は下がりますし、ベビーシッターなどのサービスを利用すると出費は増えます。そんな子育てをがんばる保育士さんに知って欲しいのが地域の支援・補助です。子育てと保育士の仕事を両立するには、是非活用したい制度です。

各自治体では、保育士の就業率向上のために様々な支援を行っています。支援の中には、
保育士の就職を支援するものや、子育てをしながら保育士として働く方を応援するものなどがあります。先のお悩みにあった「自分の子どもを保育園に入れられるか不安」という声に対しては、保育士として働いている方のお子さんは優先的に保育施設に入ることができるよう、実は厚生労働省が各自治体に働きかけていたりします。大阪府・大阪市では保育士の就業支援の他、保育士として働く方が保育施設を利用する際、無利子で借りることのできる貸付金を用意しています。

参考:大阪市『保育人材確保事業

お住まいの地域によって利用できる制度が変わってきますので、ご自身の都道府県や市のホームページをご覧ください。保育士として働くみなさんを守るための制度ですので、申請できるものは遠慮なく利用してください。保育士の仕事と子育ての両立は可能ですが、先輩方は働き方を変えたり周りのサポートを受けたり、保育士さんにとって有利な制度をうまく活用していらっしゃいます。ご自身の環境に当てはめて、まずは身内へのご相談からはじめてみてはいかがでしょうか。

■監修/新谷ますみ
保育園運営本部で勤務。短大の幼児教育学科を卒業し、保育士・幼稚園教諭資格を取得。結婚後も仕事を続け、出産を機に一度退職。子育てがひと段落して、職場復帰。大切にしている言葉は「失敗しても、じっくり待つ」。

保育のお仕事探しを相談