SPECIAL

2019.03.13

お役立ち情報

保育士さん必見!保護者の方との個人面談の進め方

保育士さん必見!保護者の方との個人面談の進め方

個人面談は、普段忙しくてなかなかお話しできない保護者の方々と話すことができる大切な機会です。保護者さまと意見交換をしてより良い保育へつなげるために、個人面談の進め方とその準備・対策方法をご紹介します。

個人面談を行う主なねらいは、保護者の方とお子さんの成長や気になる行動を話すことです。保護者の方にとって、他のママの目や忙しそうな保育士さんが気になり、子どもの園での様子や園の方針などは案外聞きにくいもの。しかし個人面談はたいてい別室で行われますので、他の方々に声を聞かれる心配がなく、気軽に発言しやすい環境となります。園に対する要望や保護者の方が思い浮かべるお子さんの進路・将来のことまで意見をしっかり聞き出すチャンスです!ただ話すことが目的ではなく「保護者の方と共通認識を持つ」ということを意識することで、保護者の方のイメージとズレがなくなるでしょう。

まずはお子さんの園内での様子や成長を伝えるようにしましょう。保育士さんによってやり方はそれぞれですが、基本は保育士さんが保護者の方をリードして面談を進めます。ただダラダラ話すのではなく項目分けをして話すなど、分かりやすく伝わりやすくなるように工夫が必要です。

保護者の方へお子さんの園内の様子を伝えるのと同様に、保護者の方からも家庭内でのお子さんの様子や成長を感じる点などを聞くようにしてください。ポイントは保育園でのお子さんの行動や特徴を例に出して聞くことです。ただ単に「ご家庭ではどうですか?」と質問するだけだとなかなか話が進まない場合がありますので、「園内では○○の遊びが好きで遊んでいるのですが、ご家庭ではどうですか?」と園内での様子をお伝えしながら質問します。

保育士と保育園のことは最後に話すようにします。経験や知識によってはすぐに回答できない意見や要望も出てきます。その場合は曖昧に返答せず、後日回答するように伝えましょう。面談後に園長に相談し、後日対応を行っていきます。

面談時は以下のことに注意してください。保護者の方からの不信感につながる場合があります。
・お子さんのことは○○くん、○○ちゃんで呼び、呼び捨てにしない
・若者向けの言葉はNG
・普通は…という基準を設けない
・【○○してください】という命令系の話し方には気をつける
・保護者の方より話をしすぎない

個人面談ではいろんな質問をいただきます。質問の内容から「保護者の方が何を気にされているか」を理解しようとすることが大事です。下記では保護者の方のタイプごとに、しておいた方がよい準備の例をご紹介します。

○タイプ
お子さんのことが気になって仕方がない、心配症である
○準備
・面談日までにお子さんの1番気になる点を聞いておき、面談当日までその点をいつもより注意して見る
・面談当日は面談のテーマを保護者の方と事前に決めておき、話が脱線しないようにする

○タイプ
自分の子どもが好きなものや、よく話すことが分かるか、等の質問をされる
○準備
・そのお子さんのエピソードを含めたできるだけ具体的な回答を用意する
・「たぶん」や「だと思う」など曖昧な表現は避ける
・分からないことは分からないとハッキリお伝えし、後日確認して回答する

○タイプ
人見知りや話すことが苦手、お仕事が忙しい
○準備
・保護者の方の仕事の関係でお子さんと接する時間が短いと感じた場合は、積極的に園での様子をお伝えする
・食べれないものが食べれるようになった、など成長をお伝えする
・園でお子さんが好きなもの、最近興味を持ち始めたものなどをお伝えしながら、質問していく
・お子さんの仲の良いお友達を話題に話を広げてみる

これらはあくまで一例です。次回の個人面談のときに後任の保育士さんが見ても分かるよう、保育士間の連絡ノートに面談内容を残して置くと便利です。
個人面談は日頃のお子さんの成長を伝えて保護者の方を安心させつつ、意見を交わしより良い保育へつなげる大切な行事です。保護者様のためにも園のためにも事前準備を怠らず取り組んでくださいね。

■監修/新谷ますみ
保育園運営本部で勤務。短大の幼児教育学科を卒業し、保育士・幼稚園教諭資格を取得。結婚後も仕事を続け、出産を機に一度退職。子育てがひと段落して、職場復帰。大切にしている言葉は「失敗しても、じっくり待つ」。

保育のお仕事探しを相談