SPECIAL

2019.03.08

転職コラム

どんなことを学ぶの?保育園の実習で学びたいこと

どんなことを学ぶの?保育園の実習で学びたいこと

保育士をめざしている方は保育士養成を行う大学、短大、専門学校へ通うものですが、それらの学校では保育実習を行います。保育実習は実際の保育園で行う実習で、実際に保育園に入園している子どもたちと触れ合うことができます。この保育実習は貴重な経験ですが、この期間でどのような部分に注意したら良いのでしょうか。こちらでは保育実習で学びたいことや、注意すべきポイントについて解説いたします。

保育実習は将来、保育士として働く上で欠かせない経験です。それでは保育実習で学びたいことはどういったものでしょうか。

保育士養成学校の生徒が保育実習を行いますが、まずは社会人としての身なりや言葉遣い、マナーなどを学びます。保育士のお仕事は子どもたちの保育だけではありません。他の職員たちとの協力や保護者の方との連携、事務作業など学ぶことはたくさんあります。

保育士養成学校では日々保育について勉強をしていますが、座学だけでは現場の雰囲気が分からないものです。保育実習であれば実際に保育の現場を体験するので、座学では学ぶことのできないスキルが身につきます。

卒業後に保育施設へ就職する場合、何を基準にして就職先を決めて良いか悩むもの。保育実習を通して自分が求める就職先の基準や条件を明確にするのも良いですね。

保育実習は実際に現場を体験できますが、具体的にどういった実習が行われているのかをご紹介します。

見学実習とは実際の保育士さんの仕事を見学するものです。そこでは単に見学するのではなく、状況に合わせて「自分ならここでどういった動きをするか」などを考え、シミュレーションを繰り返すことで体験実習にも活かせます。

保育士のお仕事の大半である、子どもたちの保育を体験します。子どもが好きで保育士をめざすという方が多いと思いますが、この部分実習が保育士への思いが一番高まる瞬間ではないでしょうか。

子どもたちの保育のみでなく、保育日誌の書き方やお迎えなど、保育士の1日の仕事をまるまる経験します。実際の保育士の業務は、保護者の方への連絡帳や、毎日の保育の目的と結果を記録する保育日誌など、重要な事務作業もありますが、それらをすべて実習で学びます。

保育実習は見学から体験まで多くの体験を行いますので、当然学ぶこともたくさんあります。保育実習にのぞむ際の注意点を説明します。

保育実習ではさまざまなことを学びますので、その場ですべてを理解することは難しいかもしれません。そのため、その日のうちに復習をして、分からないことや疑問が生まれたら、次の日すぐに質問できるようにしておきましょう。

保育実習は園児の保育を学ぶだけではありません。社会人としてのマナーを学ぶ場所でもあります。社会では時間と期限が守れないと信用を落としてしまいますし、小さなお子さんを預かる場合は、時間のズレがお子さんの体調へも影響する可能性があります。決められた期日は厳守するようにしてください。

保育士のお仕事は一人ではできませんので、チームワークが欠かせません。そのため、周囲の人と積極的にコミュニケーションをとるようにしてください。同じ実習生や保育士として働く職員さんなど、自らコミュニケーションを取りに行ってみましょう。

保育士養成学校では実際の保育園で保育実習を行います。この保育実習では子どもたちの保育から事務作業まで、現場の雰囲気を知ることができます。また、保育実習では社会人としてのマナーを学ぶ場所でもありますので、課題や目標を決めて実習にのぞみましょう。

■監修/新谷ますみ
保育園運営本部で勤務。短大の幼児教育学科を卒業し、保育士・幼稚園教諭資格を取得。結婚後も仕事を続け、出産を機に一度退職。子育てがひと段落して、職場復帰。大切にしている言葉は「失敗しても、じっくり待つ」。

保育のお仕事探しを相談