SPECIAL

2019.03.06

転職コラム

保育士の夜勤は日勤とどう違う?夜勤のメリット・デメリットは?

保育士の夜勤は日勤とどう違う?夜勤のメリット・デメリットは?

保育士さんの夜勤は、夕方から朝までの仕事になります。日勤では労働時間が1日8時間と決められているので、夜勤勤務では約2倍の時間働いたことになります。そのため、翌日は休みになります。夜勤のメリットは、夜勤手当がつくことや夜勤の翌日の休みを有効利用できることです。デメリットは、知らず知らずに蓄積する疲労といえます。保育士さんの夜勤は日勤とどう違うのか、メリットやデメリットについてお伝えします。

保育士さんの夜勤は、17時に出勤、翌朝の9時に退社といった勤務形態が一般的です。夜勤の時間はだいたい16時間ほどになるため、翌日は休みになります。日勤の保育と違って、お遊戯をしたり何かを創作したりすることはありませんが、就寝前の絵本の読み聞かせなどはおこなっているところもあります。
夜勤勤務の保育士さんは、乳児院や児童養護施設などで必要とされますが、特に病院やクリニックなどの院内保育園での需要が多いようです。お医者さんや看護師さんは夜勤勤務があるため、彼らが夜勤のときにお子さんを預けることができる院内保育園があると、安心してお仕事に取り組めますよね。

日勤の場合は、一般的に朝7時頃から夜7時頃までの12時間ほどの時間帯が多いようです。保育士さんの労働時間は8時間を基本としているため、ほとんどの保育園で「早番」「中番」「遅番」といった勤務体制が取られています。例えば、早番は朝7時から夕方4時まで、中番は朝8時から夕方5時まで、遅番は朝9時から子どもたちのお迎えが終わるまでといったシフトが組まれています。

子どもたちの就寝後は、比較的自由な時間が取りやすいといえます。夜勤保育士さんの勤務時間は、夕方から翌朝までとなりますが、労働基準法では、深夜10時から翌朝の5時までの労働に対しては、雇い主側が深夜手当をつけることに決まっています。そのため、時間給に換算すれば日勤より高くなります。
深夜手当の割増賃金は、2割5分以上と労働基準法で決められています。例えば時給が1,000円なら1,250円に増額します。働く園によっては割増賃金とは別に、夜勤1回につき6,000円~8,000円の夜勤手当がつくこともあります。その他、夜勤の翌日が休みなのも魅力といえます。

子どもたちが寝ているからといって気を抜くわけにはいかず、仮眠はとれるものの熟睡することはできません。そのため、翌朝眠ることなく用事をこなすような生活が続くと、疲労が蓄積してしまいます。
また、保育士さん自身にお子さんがいらっしゃる場合などは、夜勤は難しいといえます。
他にも、ご家族や友人などと予定を合わせにくいといったこともデメリットのひとつかも知れません。

夜勤の仕事は日勤の仕事に比べ、深夜手当がつくので高収入が望めます。夜勤明けは必ず睡眠をとるといった時間の使い方ができる方にとってはおすすめの仕事と言えますが、育児や介護との両立が必要な方には疲労がたまってしまうため注意が必要です。夜勤の保育士さんの仕事は社会的にも貢献度の高い仕事ですが、どうしても体内リズムが狂いがちになるので、睡眠や栄養、運動などに気を配ることが大事です。

■監修/新谷ますみ
保育園運営本部で勤務。短大の幼児教育学科を卒業し、保育士・幼稚園教諭資格を取得。結婚後も仕事を続け、出産を機に一度退職。子育てがひと段落して、職場復帰。大切にしている言葉は「失敗しても、じっくり待つ」。

保育のお仕事探しを相談